本文へスキップ

さとく ゆたかに たくましく

〒470-0451 愛知県豊田市藤岡飯野町太田代1137-30

学校紹介  company

 校長挨拶 校訓・教育目標 教育課程 学校いじめ防止基本方針 校 歌 沿 革 校旗・制服 校内施設

校長挨拶


            「一人一人が主役になる学校」

 愛知県立加茂丘高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 加茂丘高校は昭和47年に地域の熱い要望により、3つの分校(県立猿投農林高等学校藤岡分校、同小原分校、県立足助高等学校旭分校)が統合され普通科高校として誕生しました。豊田市の北部、岐阜県土岐市と隣接した山間部に位置し、各学年3クラスの小規模校である本校は、校訓「さとく ゆたかに たくましく」のもと、主体的に学校生活を送り、自己有用感を身に付け、社会に貢献しようとする生徒を育てる努力を重ねています。

 開校3年目から始められたアメリカ、オレゴン州ベンド市ベンド高校との国際交流活動は、その後ラパイン高校、マウンテンビュ高校、サミット高校を加え、現在も途切れることなく45年間続けられています。これまでに渡米した生徒・教員は400名を超え、また来日した生徒・引率リーダーは250名にも及びます。開校間もないこれといった特徴のない小規模校の生徒たちに、夢や希望を与えるものとして始められたという当時の先生方の思いが脈々と受け継がれているのです。

 一方、学習面では平成26・27年度、文部科学省「課題解決に向けた主体的・協働的な学びの推進事業」の研究指定校として「授業改善」「地域連携」「キャリア教育」を推進し、生徒の自己有用感の高揚と学び続ける意欲の向上を図ってきました。研究指定を終えた後も「主体的対話的で深い学び」を創出する組織的授業づくりに取り組んでいます。その成果が認められ、平成29年10月には時事通信社主催「第32回教育奨励賞」を受賞しました。

 本校の魅力は、生徒一人一人が主役になる学校であるということです。
 小規模だからこそできる少人数教育など充実した教育活動を行っています。学校生活のさまざまな場面で、生徒一人一人が主役になるチャンスがあふれています。多くのチャンスを生かし学校生活の中で主役して活躍することができます。そしてさまざまなチャレンジを重ね自身の夢を叶えることのできる学校です。

 今後も生徒一人一人の夢が実現できるように、教職員が一丸となって教育活動に取り組んでまいります。本校の教育活動に一層の御理解と御協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

                                      愛知県立加茂丘高等学校
                                       校長  岡田 英樹
 

校訓・教育目標

校訓碑

さとく ゆたかに たくましく

 教育基本法に則り、国家社会の有為な形成者にふさわしい国民を育成する。 このため、次の青年像の実現を目指す。

 (1) 広い教養と良識のある青年
 (2) 豊かな情操と思いやりのある青年
 (3) 困難に耐える意志と体力および実践力のある青年

学校経営方針

〔 生徒・教員間の合言葉 〕
  一人一人が主役になる学校

〔 目指す生徒像 〕
  凡事徹底に努めるとともに、自ら主体的に学校生活を送りながら自己有用感を身に付け、社会に貢献しようとする生徒

〔 重点目標 〕
 ア 学力向上を目指す授業改善の推進
   「学力」を「生涯にわたって学び続けようとする力」と捉えて授業改善を進め、本校生徒の実態に即した「主体的・
  対話的で深い学び」の実現を図る。教員はロジカル・シンキングを意識したしかけづくりに励み、生徒に小さな成功
  体験を積み重ねさせ、学習意欲を喚起し達成感をもたせる。また、学力向上会議を活用し、授業等で教科横断的な取
  組を積極的に取り入れるなど、カリキュラム・マネジメントを推進する。
   授業成立の基盤は授業規律の確保にあり、規律確保のためには日頃の基本的生活習慣が前提となる。自他を大切に
  する集団生活を通して、人権意識を高める。
 イ 自らの在り方生き方を考えさせるキャリア教育の推進
   日常の学校諸活動のあらゆる場面(教科の授業、総合的な探究(学習)の時間、学校行事、生徒会活動、ホームル
  ーム活動、部活動等)で、今の自分に何ができて何ができていないのかを考えさせる。自己を客観視させ、役割や責
  任を果たすことで他者から認られる体験を積み重ねさせ、帰属意識を高める。
 ウ 地域連携活動における「出会い」体験の推進
   校外ニーズを受信し、校内ニーズを発信し、両者相まって「出会い」を生み出す「加茂丘マッチングセンター」機
  能を充実させる。地域連携コーディネーター(地元有志)の協力を得て、校外でのまちづくり活動に参画したり地域
  の方々を生き方モデルとして校内に招いたりして、地域貢献意識を高める。
 エ 教員の多忙化解消の推進及びワークライフバランスのさらなる向上
   教員が生徒と向き合う時間を確保し、充実した教育活動を行うため、引き続き職員会議実施回数の縮減とアクティ
  ブ・ミーティング化による時間短縮を進める。また夏季休業中の学校閉庁日の導入など、教員がリフレッシュできる
  環境を整え、ワークライフバランスのさらなる向上を図る。

教育課程 (平成31年度入学者)



学校いじめ防止基本方針


  学校いじめ防止基本方針はこちらから(PDFファイル)

校 歌

作詞 安藤靖彦
作曲 竹本正俊
1.雲わく峰よ アルプスよ       3.さ鮎よ走れ 立て風よ
  われら若人 そのまみさとく       われら若人 腕たくましく
  未来のしるべ たしかに映し       真理の柱 ただしく支え
  ともに歩まん いま 青春の       ともに進まん いま 青春の
  青春の血潮は たぎる          青春の歌声たかし

2.雪割草よ 草笛よ
  われら若人 その胸ふかく        ああ ここ加茂丘
  伝説の息吹 ゆたかに承けて       われらの学び舎
  ともに学ばん いま 青春の
  青春のいのちは美し
                      

沿 革

1972年04月01日
猿投農林高校藤岡分校・同小原分校、足助高校旭分校が統合し、
愛知県立加茂丘高等学校開設
1972年04月05日
第1回入学式挙行
1972年10月28日
開講記念式挙行
1975年03月14日
日米高校交流プログラム開始 オレゴン州ベンド高校へ渡米
1981年11月10日
創立10周年記念式典挙行
1986年11月24日
情報処理教育開始
1991年11月09日
創立20周年記念式典挙行
2000年04月01日
女子制服変更 男子制定
2001年10月20日
創立30周年記念式典挙行
2006年01月24日
体育館耐震改修工事
2009年03月09日
本館棟耐震改修工事
2009年03月09日
寄宿舎解体工事
2009年03月09日
自然科学棟竣工
2009年04月01日
自然科学コース開設(定員40名)
2011年11月04日
創立40周年記念式典挙行
2014年02月05日
教室棟耐震改修工事
2017年10月23日
第32回時事通信社「教育奨励賞」優良賞受賞
2018年05月22日
「共に生きる心豊かな人材育成事業」実践校の指定を受く。
2018年11月30日
武道場天井等改修工事
2019年05月23日
「共に生きる心豊かな人材育成事業」実践校の指定を受く。

校旗・制服

校旗 制服
       

校内施設

本館 中庭 夢叶棟 夢叶棟 化学室 体育館 図書室